商標登録事務所通信  ≡ 記事一覧

最新記事

「ミレニアル企業家の新モノづくり論」
イモ掘りのできる弁理士事務所
弁理士義務研修

「ミレニアル企業家の新モノづくり論」 -2017年11月17日

「『AIで弁理士が失業』に異議 『そんなに単純な仕事じゃない』 日本弁理士会の梶副会長」(11/16(木) 16:01配信 ITmediaNEWS)などという記事を読みましたが、一読してかなり情けない気分になりました。やはり、と言うべきか、ヤフーニュースのコメントでは、バッサリ切り捨てられるコメントだらけです。

「すぐに代替されることはない」という結論にはうなずける部分もないわけではありません。どこでどのような発言、反論があったのか知らないので、この記事の内容をうのみにするわけにもいきませんが、記事にある通りに、AIが代替できないという理由が、

・知的財産とは「人間の生活を豊かにするもの」→AIに「人間とは何か」が分かるのか
・依頼人との空気感が重要→依頼人の放つ「空気」が読めるのか
・依頼人の意図を把握する必要がある→依頼人自身も気付いていない場合もある
・最適解は常に変化する→出願断念、応答断念が最適解の場合もある
・発明者を見抜く力がいる→発明者は往々にしてうそをつく

なのだとすれば、いくらなんでも認識が甘いのではないかと思います。

ところで私は、AIが仕事を奪う、AIで無くなる仕事といったような本や、人口減少、地方衰退と言った本を、ここのところ何冊も読みました。しかし、べつにAIを引き合いに出すまでもなく、無くなった仕事はいくらでもあります。写植屋さん、トレース屋さん、ポケベル、ダイヤルQ2。
しかしこの手の本は皆、AIに置き換わる頃にはとっくに引退している著者が書いているもので、ちっとも面白くありませんでした。

実際にそのような局面に対峙するであろう、これからのビジネスを担う著者の本の方が面白いし、新たな視点に気づかされます。

「ミレニアル企業家の新モノづくり論」(仲暁子著 光文社新書)は、
「このインターネットとミレニアル世代という二者は、ニワトリとタマゴのような関係だ。」
「したがって、この2つを切り離して論じることには意味がなく、そこで生まれている現象を『トライブ化(共同体化)』とし、第1章ではトライブ化について行けていない日本、第2章では進取の気性に富むが自身も試行錯誤の最中にあるミレニアル世代のトライブ探しについて提言し、第3章では彼らを消費者・労働者として見たときに新しく事業をつくる人が取るべき戦略について、第4章では私の事例を織り交ぜつつ生産者としてのミレニアル世代のリアルな姿を、第5章ではそれらを踏まえた日本の未来について考えていきたい。」
という本です。

若くして仕事探しに関する特徴的なSNSを立ち上げ、株式会社ウォンテッドリーを株式上場させた著者によって、ごく普通の新書でありながら、世代論からインターネットビジネス、人材論、国のあり方にまで言及がなされる本の内容には、論評しがたいものがありますが、ここのところ何度もつい読んでしまいます。

ちょっと抜き書きしてみると、

「つまり、あなたが思っているほど世界では誰も日本の漫画なんて読んでないし、アニメも見てないし、クールだとも思ってないし、せいぜい干からびた寿司をいわゆる日本の寿司だと思ってスーパーで買っている程度だ。何度も言うが日本なんて誰も注目してないし、世界最大の旅情報サイト・トリップアドバイザーの2017年の人気観光地ランキングでもトップ25位にも入っていない。」

「ビッグデータ、人工知能、ロボット、IoT、3Dプリンター、フィンテック…と限りなく続いていく。多くの人は、そのバズワードに飛びついてビジネスを始めようとし、学者は若干無理やり、実在するプレーヤー(企業)の名前を挙げてそれらの現象を説明しようとする。どちらも事後的だし、そういう輩が出る頃には、その事象は賞味期限切れになっていることが多い。」

「普通の転職サイトだと、転職者はエントリーしたあとは履歴書を持参して、突然面接に入る。採用担当者も候補者側も、思ってもないことをお互いに言い合い、騙し合いをする。茶番だと思う。」

「いつの時代も破壊的イノベーションが10代や20代から生まれ、老いると世代交代するというのは、やがて硬直化し賞味期限切れしていく価値観から、一度染まってしまった個人が脱却できなくなるからだと思う。だから、アンラーニングできるかどうかというのは、いつまでも若くいられるかどうか、につながる。」

「それと一緒で、政策や行政はいつも半周、場合によっては一周遅れだ。それよりも、今この瞬間に『自分』が異端となり、データの異常値になるように、考えて行動してみて欲しい。」

「もし読者がミレニアル世代で、この不確実な世界を幸せに生きたいなら、己を知ることが何より重要。未来をガイドしてくれる人事部なんてないし、国家にも頼れない。さらに言うと、己の快で継続的自立を手に入れることこそが幸福への近道だ。」

イモ掘りのできる弁理士事務所 -2017年11月11日

・・・ということで、掘ってみました。

DSCN1666.JPG

想定外にでかいのがゴロゴロ。
特に直径は、こんなに大きいものは、売っているのも見たことありません。

DSCN1670.JPG

食してみました。甘いです。
鹿児島県種子島で有名なあんのう芋(東京・目黒区産)でした。

弁理士義務研修 -2017年11月07日

日本弁理士会では、弁理士は5年ごとに所定単位数の研修を受けなければなりません。
多くの研修はオンラインで会員専用サイトでの受講が可能です。

このところ、急ピッチで受講しており、すべて終わったらブログ記事を書く予定でいました。
今回の研修期間は、
■研修期間 2014/04/01 ~ 2019/03/31
■研修修了までの単位数 倫理5 必修0 選択0

というところまで確認したところ、すべて終わったと思っていたら、終わったのは必修科目、選択科目までで、まだ倫理研修5時間が残っていました。
もっとも倫理研修は、オンラインではない集合しての研修形式で、時期が来たら通知が来るもので、今は受講できません。

とりあえず修了した研修は下記の通り。
2015年に一度頑張って受講したが、途中で頓挫している様子がうかがえます。
また、民法入門、民事訴訟法入門など、いまさら受講しなくても、という受講履歴もありますが、研修内でテストがところどころに挟まれるので、もともと得意な分野の科目で楽をしようとした様子もうかがえます。

今回は少し頑張って技術系の科目の受講もしてみましたが、高度な内容でもなかったと思います。
後は外国商標と法改正に関連する内容は、本来の仕事に関連する部分です。

業務研修 - 必修科目
研修修了単位
修了日 形式 演題 単位
2017/03/07 eL 平成27年度特許法等改正説明会 1.5
2017/02/22 eL 平成27年度不正競争防止法改正説明会 0.5
2015/03/05 eL 平成26年度特許法等改正説明会 2
2015/03/03 eL 平成26年度弁理士法改正説明会 1
小計 5
必修科目の合計単位数 5

業務研修 - 選択科目
研修修了単位
修了日 形式 演題 単位
2017/11/05 eL 商号の法的保護と商標権 1.5
2017/11/05 eL 新しいタイプの商標について 2
2017/11/04 eL 東南アジア商標に関する実務 1.5
2017/11/04 eL 中国模倣品対策と商標戦略 2
2017/11/04 eL 米国商標実務 2.5
2017/11/04 eL 欧州連合商標制度(EUTM) 権利化と権利維持の実務 2
2017/11/03 eL [集]商品・役務の指定の仕方及び指定商品・指定役務の意義・類否 3
2017/11/03 eL 意匠の効果的な活用法-部分意匠を中心に- 2.5
2017/11/03 eL [基礎サポ]外国商標出願の実務(欧米・アジア等) 1.5
2017/11/02 eL 意匠調査の実務 2
2017/11/01 eL 「ゆるキャラ」の創作、保護、活用 2
2017/10/31 eL [集]農林水産物の地域ブランド化と知的財産 3
2017/10/30 eL 商標の識別力(2012年度) 1.5
2017/10/30 eL 多法域によるプログラム保護 2
2017/10/30 eL 商標調査 1.5
2017/10/30 eL オープン・クローズ戦略と知財マネジメント 1.5
2017/10/29 eL ロボット技術 1.5
2017/10/27 eL クラウドコンピューティングの概要 1.5
2015/03/10 eL [集]特許紛争の適正な解決方法の模索-東京弁護士会知的財産権法部 創部三十周年記念シンポジウム-(2011年度) 3
2015/03/10 eL 知的財産権紛争のADR(入門編) 0.5
2015/03/09 eL 弁理士が知っておきたい行政法 2.5
2015/03/09 eL ハーグ協定ジュネーブアクトの基礎知識 2
2015/03/08 eL [集]破産・民事再生とライセンス契約(2010年度) 1.5
2015/03/08 eL [集]肖像権・パブリシティ権(2011年度) 2
2015/03/08 eL PCのデータ保全とその有効活用 1.5
2015/03/07 eL [集]知的財産権の紛争処理(警告とその対応) 2
2015/03/07 eL 商標権侵害への対応 1.5
2015/03/06 eL [集]営業秘密の不正利用行為をめぐる法的課題(2012年度) 2
2015/03/05 eL 民法入門 1
2015/03/05 eL 民事訴訟法入門 1
小計 55.5
選択科目の合計単位数 55.5

スマートフォンでのメニュー操作法について -2017年10月18日

当事務所サイトは、このたびシステムの改良を行いました。
これと同時に、URLもhttps://kanehara.com/になっております。これはサイト全体の通信の暗号化に伴うものです。

さらに、スマートフォン等での閲覧の快適化を図りました。
下の画像が、サイト改良後の閲覧画面です。
2017101803.jpg

スマートフォン等では、パソコンでは閲覧できる左側のメニューが表示されないようにした一方、それに替わるものとして、右下の三本線のメニューマークをタッチしますと、メニューが現れます。
2017101804.jpg

また、閲覧しているページトップに戻る矢印マークも付けました。
ウェブサイトの改良はすべて当事務所内にて行っております。

Share: