pagetop

商標登録

お問い合わせ

商標登録は、商標を保護するために、特許庁に対して行う手続です。
保護の対象となるのは、ロゴマークやネーミングなどの商標であり、その商標に付帯する業務上の信用です。商標法は、取引の場における信用秩序の維持により、産業の発達に寄与し、あわせて需要者の利益を保護することも目的としています。

商標には、商品の名称などをあらわす商品商標と、役務(えきむ)商標(サービスマーク)があります。企業の名称(商号)なども、商品または役務について使用する限り、登録をすることにより保護されます。

登録により保護される「商標」とは、「文字、図形、記号若しくは立体的形状若しくはこれらの結合又はこれらと色彩との結合(標章)であって、業として商品を生産したり、役務を提供したりするものが、その商品又は役務について使用するもの」です。

どのような商標であれば登録ができるか、あるいはどのような商標を登録するべきかなどは、個別に調査や判断が必要になります。
具体的にお問い合わせいただければ、お答えいたしております。

商標登録は特別価格で、検索は無料の、はじめてチャレンジキャンペーン

無料検索・お見積

商標の制作

ネーミング
わかりやすいこと、覚えやすいこと、他と区別しやすいこと、商品・サービスの内容が連想できること、などが重要になります。
さらに、使用できるものであること(商標登録されていないこと、商標登録できること、ドメインネームの登録ができること)、悪い印象を与えるものではないこと(外国語での意味、他者の模倣)などが重要になります。

ロゴマークデザイン
ブランドイメージを視覚的に体現したものであること、顧客(ターゲット)の感性に受け入れられやすいこと、パッケージ・ツール・メディアに付した際に識別しやすいこと、ブランドイメージにそぐわないデザイン・色彩ではないこと、などが重要になります。
さらに、使用できるものであること(商標登録されていないこと、商標登録できること)、他人の著作権を侵害しないものであることなどが重要になります。

キャラクターデザイン
ブランドイメージを、人、動物、架空のキャラクターなどを通じてアピールするとともに、顧客(ターゲット)との間のコミュニケーションを、パッケージ・ツール・メディア・販売促進・商品化などによって図る際などにイメージキャラクター、シンボルキャラクターとして策定します。またロゴデザインにキャラクターを採用することもあります。
この他には、実在人物などを広告キャラクター、イメージキャラクターとして起用することもあります。

ネーミング・ロゴデザイン・キャラクターデザインに関する関連サイト:
ネーミング(商標登録.com)

Q&A

Q.ネーミングやマークは必ず商標登録しなければいけませんか?

A.商標登録をすることは義務ではありません。

他人がその商標と同一、または類似する商標を登録していなければ、使用をすることは可能です。
しかし、他人が登録していたら、知らないうちに権利侵害になってしまう可能性があります。
あなたが先に使用していたとしても、そのような可能性があります。
また、模倣されてしまったときに、これをやめさせたりするためには、独占使用権である商標権を保有していることが必要で、登録していない場合には、対処方法が面倒になり、模倣をやめさせることができないかもしれません。

Q.登録できるかどうかを知りたいのですが、費用がかかりますか?

登録できるかどうかの検索を行い、様々な観点から見解を記載し、可能性の判断をする正式な調査報告書の作成には費用がかかります。
ただし、簡単な検索をしてお答えする程度では、費用はかからない範囲でのご相談が可能です。
なお、無料のご相談でも、検索調査はしないとお答えはできませんので、そのお時間をいただいております。

Q.商標登録にはどのくらいの期間がかかりますか?

商標調査をして、問題がなくスムーズに特許庁に出願ができれば、数日以内に手続きを完了できます。もっと急ぐご要望は、その旨をお伝えいただければ特別に対応可能です。
特許庁に提出をしたあとは、通常の手続きでは半年間程度の審査がかかりますが、案件やその時の状況により異なります。

Q.そちらの事務所では、ロゴマークやキャラクターの制作もしてくれるのですか?

A.もともとあるマークなどを使用して、あるいは当事務所でフォント(書体)、これらの配置などのデザインをして、商標登録出願用の画像データを制作する範囲では、当事務所において行います。
ただし、まったく新規にロゴマークを制作するデザイン事務所としての業務、出願用以外に印刷やウェブサイト等で使用するデザインの制作についてまでは、行っておりません。
デザイナーのご紹介は可能です。
また、お客様がデザイン事務所に直接依頼されている場合に、当事務所をご紹介いただき、当事務所とデザイン事務所が意思疎通できる状況を作ったうえで、商標調査をしながら並行してデザイン制作を進めていく、といった業務を行うことは対応可能です。

調査・商標登録に必要なもの

下記内容をお知らせいただき、手順のご説明およびお見積をいたしております。
(費用明細は口頭ではご説明しにくいため、なるべく電子メールにてお問い合わせいただければ幸いに存じます)

1 登録したい商標

文字商標の場合 ・・・ 商標を構成する文字
図形商標の場合 ・・・ 商標を構成する図形、ロゴなど
文字と図形との組合せ商標 ・・・ 文字と図形の両者

2 指定商品または指定役務(サービス)
その商標をどのような商品について使用するか(使用する可能性があるか)
その商標をどのようなサービスについて使用するか(使用する可能性があるか)
これにより商標調査・商標登録をする指定商品・指定役務の区分(全部で45区分)を決定します。

3 出願人の情報
ご住所と、氏名または名称が必要になります。
※調査だけの場合には、ご依頼者の名称・ご連絡先等

商標権の更新登録

商標権の存続期間
商標権の存続期間は、商標権の設定登録の日から10年間です(商標法第19条第1項)。
商標権は、特許権・実用新案権・意匠権とは異なり、更新登録をすることができます。
更新を繰り返すことによって、いわば半永久的に権利を保有することができます。

商標権の更新登録ができるのは、商標法の目的によるものです。
商標権者が登録商標を継続して使用することは、商標に付帯する信用をますます高めることとなり、取引秩序を維持されるので、かえって、信用が付帯した商標を信用する需要者の利益が守られます。

なお、不使用商標についてまで権利を存続させると、弊害が生じるため。、10年ごとに更新登録申請をしなければなりません。

更新登録申請
存続期間の更新登録の申請をするときは、商標権者は、
1 申請人の氏名又は名称及び住所又は居所
2 商標登録の登録番号
3 その他、経済産業省令で定める事項
を記載した申請書を特許庁長官に提出しなければなりません。

更新登録の申請は、商標権の存続期間の満了前6月から満了の日までの間にしなければなりません。
ただし、上記期間内に更新登録の申請をすることができないときは、その期間の経過後6月以内にその申請をすることができます。

更新登録の効果
更新登録の申請と同時に納付すべき登録料の納付があったときは、商標権の存続期間更新の登録がされます。
更新登録の申請をすることができる期間内に、その申請をしないときは、その商標権は、存続期間の満了の時にさかのぼって消滅したものとみなされます。

blog

TOP | 商標登録 | 意匠登録 | 著作権 | 不正競争 | 契約 | 侵害訴訟 | 特許・実用新案


ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて