金原商標登録事務所 > 意匠登録 > 意匠調査について

意匠調査について-意匠登録

意匠調査と意匠の類似

意匠権は、登録されている意匠と同一のデザインだけではなく、登録意匠と類似する意匠にまでが権利範囲に含まれます。
意匠権は独占的な強い権利ですから、出願前に、類似意匠の調査をする必要があります。

また出願するかどうかにかかわらず、製造・販売等するものが、他人の意匠権に抵触しないかどうか、この点も意匠調査をしなければわかりません。

登録意匠の範囲を定める際には、意匠登録出願の願書の記載及び願書に添付した図面等により表された意匠に基づいて判断されます。

一方、他人の登録意匠や、既に公にされている意匠と同一か、または類似する意匠は登録を受けることができません。これには、物品が同一か類似のものであって、その意匠(デザイン)が同一か類似のものであることが条件です。
物品が同一であって、その意匠(デザイン)も同一であれば、両者は同一意匠です。

意匠登録出願は、意匠登録を受けようとする意匠を願書に添付した図面等によって特定します。
出願をした意匠の認定は、その意匠の属する分野における通常の知識に基づいて願書の記載及び願書に添付した図面等を総合的に判断して行われます。

類似の判断
公知の意匠と、出願をした意匠との類似判断は、審査官により行われます。

(1)意匠に係る物品の共通点及び差異点の認定
それぞれの意匠に係る物品の用途及び機能について共通点及び差異点を認定します。
(2)形態の共通点及び差異点の認定
それぞれの意匠に係る物品全体の形態及び各部の形態について、共通点及び差異点を認定します。
(3)意匠の類否判断
意匠の類否判断とは、両意匠が生ずる美感の類否についての判断をいいます。

具体的には、上記の(1)及び(2)についての共通点及び差異点を意匠全体として総合的に観察して、それらが両意匠の類否の判断に与える影響を評価することにより行います。
なお、それらの共通点及び差異点が意匠の類否判断に与える影響は、個別の意匠ごとに変化するものですが、一般的には、下記のように取り扱われます。

(a)見えやすい部分は、相対的に影響が大きい。
(b)ありふれた形態の部分は、相対的に影響が小さい。
(c)大きさの違いは、当該意匠の属する分野において常識的な範囲内のものであれば、ほとんど影響を与えない。
(d)材質の違いは、外観上の特徴として表れなければ、ほとんど影響を与えない。
(e)色彩のみの違いは、形状又は模様の差異に比して、ほとんど影響を与えない。

Share: