金原商標登録事務所 > 著作権 > 半導体回路配置

半導体回路配置-著作権

半導体回路配置・植物新品種

半導体集積回路(IC)の回路配置は、半導体集積回路の回路配置に関する法律により保護されます。設定登録により権利が発生し、設定登録の日から10年間、権利が存続します。管轄は、通産省・機械情報局となっています。

植物の新品種は、種苗法により、品種登録を受けることができます。管轄は、農林水産省となっています。

半導体回路配置の登録

半導体回路配置の登録

半導体回路配置を登録し回路配置利用権を発生させる制度で、工業所有権制度に類似した制度により、回路配置の創作を保護します。
 権利を発生させるための手続は、登録申請を行います。設定登録により権利が発生し、業として登録を受けた回路を利用する権利を専有します。専用利用権、通常利用権の設定によりライセンス契約を行うこともできます。

弁理士は、半導体回路配置の保護法に基づく登録手続の代理、半導体回路配置に関する仲裁事件の手続きの代理、回路配置に関する契約の代理(専用利用権と通常利用権の契約)と相談を行います。


登録先: 財団法人工業所有権協力センター(IPCC) 回路配置利用権登録センター


回路配置利用権: 設定登録により発生し、存続期間は設定登録の日から10年です。

権利の効力: 回路配置利用権者は、業として登録回路配置を利用する権利を専有します。

利用とは、その回路配置を用いて半導体集積回路を製造する行為、その回路配置を用いて製造した半導体集積回路を譲渡等する行為です。また、専ら登録回路配置を模倣するために使用される物を業として生産し、譲渡し、貸し渡し等する行為も、回路配置利用権等を侵害する行為とみなされます。
権利者は、回路配置利用権に対して、専用利用権、通常利用権を設定することができます。
回路配置利用権者又は専用利用権者は、回路配置利用権を侵害する者、または侵害するおそれのある者に対して、差止請求権を行使することができ、また侵害により生じた損害について損害賠償請求権を行使することが可能です。

Share: